特徴と非常勤

合同会社の特徴と非常勤について

合同会社は、日本国内における法人形態の一つです。
これは、平成18年5月1日に新会社法が施行されたときに、新たに新設された会社スタイルと言えます。
また、合同会社はLLCとも呼ばれているのですが、LLCと言うのはLimited Liability Companyの略語であり、アメリカ合衆国の中で各州の法律で定められているものがモデルとなり新設されたと言う経緯が在ります。
株式会社と比べると、様々な部分に違いが在るのが特徴です。
例えば、株式会社の場合は代表取締役社長や役員及び監査役と言う権限を持つ人がいます。
これらの権限はそれぞれの役務により異なるわけですが、代表権を持つのは代表取締役社長と言う事になります。
これに対して、LLCと言う合同会社の場合は、出資者全員が代表権を持つと言う特徴があるのと同時に、代表社員と呼ばれる特徴があります。

会社組織としては組合のような規律が適用されるものの、出資者全員が有限責任を認める法人組織で、閉鎖性および秘密性が高いのが特徴と言えます。
因みに、合名会社や合資会社と言う会社スタイルも在ります。
合名会社と言うのは、全社員が無限責任を負うと言う特徴があり、合資会社には無限責任社員と有限責任社員がいると言う特徴があります。
しかし、合同会社は全員が有限責任社員であるため、万が一、会社が倒産をした時には、出資した費用は無くなりますが、出資した費用以上のリスクを回避できると言うメリットがあるのです。
それと、合同会社は株式会社などと比べると、定款で定める範囲が広く行う事が出来る事からも柔軟な会社を作れると言うメリットも在るのです。
また、定款の中で規定を定めておくことで、ある人は経営に口出しをするけれども、ある人は出資を行うけれども、経営には口出しをしないと言った人を作り上げる事も可能になります。

合同会社は法人であるため、適用事業所になります。
しかし、出資者全員が執行権を持っているのが特徴です。
執行権を持っている場合、出勤日数などの労働条件に関わらず、非常勤の場合でも社会保険に加入をする必要が在ります。

因みに非常勤と言うのは、常勤とは異なり、定められた時間の中でしか労働をしないと言う勤務形態になります。
合同会社は出資者全員が代表社員ではありますが、定款の中で定める事により、非常勤相談役と言う形にすることも可能になるのです。
因みに、株式会社などの相談役は代表取締役や会長などのポストを退いた人が行うケースが多いわけですが、合同会社では最初からこのような相談役を作ることも可能にすると言う事でもあるのです。